格好よく自立するブリーフケース

自立しているブリーフケースの姿は格好いいです。

ブリーフケースの中には置くと横に倒れてしまうバッグもありますよね。

格好いいブリーフケースが欲しいという方は、自立した姿をチェックしたいものです。

格好良さを求めると値段は多少なりとも高くなります。
でもその分の価値を感じるブリーフケースを集めてみました。

下記のブリーフケースの自立した時の使い勝手や姿をチェックしてみて下さい。

 

頑丈なブライドルレザーのブリーフケース

ブライドルバンガーブリーフはとても人気のあるブリーフケースです。
製造待ちになっている時が多いです。

ブライドルバンガーリーフ

上の様に私が実際、ロイヤルブラウンのブライドルバンガーリーフを持ってみた第一印象は、がっちりとしたる頑丈さです。

持ちても太く強そうです。


馬具で使われるブライドルレザーがなせる頼もしさなのでしょう。

重量は約1.4Kgと手ごたえある重さです。

自立した姿も凛々しく、様になっていますね。




職人の手作りというのもあり、量が多く作れない理由もあるのでしょうね、製造待ちになっているのは。

ブライドルバンガーリーフ 詳細ページへ

カラーバリエーションは7つもあります。
ダークネイビーが人気の様ですが、私はモスグリーンが欲しくなりましたよ。










 

 

格好いい四角、霞みの色合いがおしゃれなブリーフ

下のブリーフは自立した時の四角いシルエットが綺麗です。

横40センチ、縦30センチの安定感のある長方形です。


レザーの色合いも本革ならではの風合いがありますね。
私は霞みがかったまだらな色に心落ち着く感じがします。




このブリーフは構造が凝っています。
ファスナーを開くと、コンパートメントを仕切る様に中央にまたファスナーがあります。

中央のファスナーの中にはモバイル機器を入れたくなります。




ブリーフ 詳細ページへ

カラーバリエーションは6つもあります。









 

 

L字に開くのでパソコンも取り出し易いブリーフケース

下のブリーフケースは他にはない特徴があります。
まず、ファスナーにベルトが付けられ本体にホックで取り付けられます。

そのベルトを持ってファスナーを開けられます。




驚くことにファスナーはL字に開く事ができるのです。
自立したままでもL字に開けられるので、厚みのある資料でも取り出し易いですね。




メインコンパートメント以外にもファスナー付きのポケットもあります。
そちらには8インチのタブレットも入れられる!

見た目の良さに加えて、機能も凄いブリーフケースです。




ブリーフケース 詳細ページへ

色は3色から選べます。





 

 

自立したまま書類が取り出し易いラックの様なブリーフ

下のブリーフケースにはメインの収納部分が2つあります。

それぞれファスナーがついています。




凄いのは、サイドにマガジンラックの様に蛇腹がついています。
このおかげで、自立した状態でもファスナーをいっぱいに開く事が出来ます。

小さい方の収納部分にはモバイル機器などが入れ易そうです。
大きい方はファスナーをコの字に大きく開ける事が出来ます。




ファスナの持ち手はそれぞれ2つ、真ん中から引く様に開ける事が出来るでしょう。

ブリーフケースが倒れないのです。
自立した状態でバッグを開けられる様に工夫されています。

ブリーフケース 詳細ページへ

色は3色から選べます。


 

 

女性用? おしゃれなデザインのブリーフケース

鍵がついたブリーフケースは珍しくないのですが、下の錠前ブリーフケースはかなりおしゃれな感じがします。

厚みも5センチと薄目なのもあり、女性用のブリーフケース?
・・・と思う程、洗練されていますね。




外装のレザーも霞みがかった色合いは高級感があります。




錠前ブリーフケース 詳細ページへ

豊富なカラーバリエーションは7色です。










 

 

編み込みが贅沢な雰囲気 ハイソなブリーフケース

このブリーフケースは普通のビジネスマンだと持てない
・・・というのは、私がマットーネオリヴェートマイスターを手にした時の第一印象です。

マットーネオリベートマイスター

高級感一杯です。
編み込みの模様が贅沢な感じがしました。


鍵も金色にピカピカしています。




高級なスーツを着こなすビジネスマンなら、このブリーフケースは合うことでしょう。

マットーネオリヴェートマイスター 詳細ページへ

色は4色から選べます。