私のおすすめ革のブリーフケース

ブリーフケースを探しているビジネスマン向けに革のブリーフケースをまとめてみました。

革で作られているブリーフケースで格好いいのってなかなか見つけにくいのですよね。

ナイロンなどの化学繊維で作られたブリーフケースは店頭でも良く見かけるのですが ・・・

  • 書類を入れる鞄
  • 通勤用のカバン
  • 普段持ち歩くバッグ

ブリーフケースってそういうバッグですよね。
だから機能性も重要です。

革でありながら機能的なブリーフケースを私の好みで集めてみました。
ご参考にして下さい。

This site shows information about various bags for carrying documents.

 

 

私がブリーフケースを買うならば、革製のバッグをおすすめするのは、やはり、格好がいいからです。

ナイロン、ポリエステルやPUレザーと違い、天然の革はビジネスシーンにマッチしますよね。

でも、革のブリーフケースには、ビジネスマンを悩ませる2つの難点があります。
 

  • 本革だと値段が高くなる
  • 革は水に弱い

 

それでこれらの弱点を克服する、おすすめのブリーフケースをピックアップしてみました。

 

革だけれども安いブリーフケース

安くて使い易そうなブリーフケースとなると、PUレザー、合皮なら見つけやすいです。


例えば上のブリーフケースは安いです。
PCフォルダー付きで通勤を考えた大きさにデザインされています。
尚且つ、雨にも強いはっ水加工がされています。


カラーバリエーションは3つありますが、どれもビジネスシーンに合いそうです。


PUレザーなので、購入し易い値段です。

PUレザーのブリーフケースの値段等 詳細

 

一方、本革となると、値段はやはり高くなります。その代わり、質感がなんとも言えませんね。

本革のブリーフケースを見てしまうと、やはり本革のブリーフケースが欲しくなります。

そこで、私の様に本革にこだわりたい方の為に、
値段は安いのだけれども、本革が使われているブリーフケースをピックアップしてみました。

 

 

女性も使えるスマートなブリーフケース

下のスリムビジネスバッグはスリムでシンプル!
底には鋲が打ってあるので、自立させやすいです。




牛本革なので、ビジネスシーンにマッチしますね。

2つのファスナーはコの字型に大きく開くので、書類が取り出し易すそうです。




豊富なカラーバリエーションから選べるのがイイです。
明るい色もあるので女性でも使えるでしょう。


スリムビジネスバッグ 詳細ページへ

 














買い易い価格です。
値段は下記ページを参照下さい。

 

豊富なポケットが便利なビジネスバッグ

ベジタンレザーサッチェルバッグはクラシカルな濃い茶色のビジネスバッグです。

ポケットが沢山ついていて、便利そうです。

背面には読みかけの新聞や雑誌を入れるポケットがついています。

鞄を開くとポケットが一番に目には行って来ます。
小物を仕分けて入れらるでしょう。

クッション付きのPC用ポケットもあり、ノートパソコンとタブレットを一緒に持ち運び出来るというのが凄いです。


ベジタンレザーサッチェルバッグ 詳細ページへ

理想を追求した男のカバンという事です。
値段も買い易いです。

 

使い易そうな山羊革のビジネストート

本革ブリーフトートは書類を入れるのに使い易そうなトートバッグです。
クッション性のあるPCフォルダーも嬉しいです。


横幅が42センチと大きめです。量が入るでしょうね。


荷物が重い時、ショルダーベルトもついていて持ち易そうなのが良さげです。

山羊革は軽く耐久性があるという事です。


本革ブリーフトート 詳細ページへ

色は3色あります。
これは欲しくなるビジネス用のトートバッグです。





買い易い値段です。
コストパフォーマンス的におすすめのビジネストートです。

 

水に強い革のブリーフケース

革のブリーフケースの一番の心配事は、雨でしょう。

水に濡れるとふやけたり、シミになったりしてしまいます。

ブリーフケースは外に持ち出すものですから、晴れの日ばかりではありませんからね。

ところが、PUレザーなら、雨を心配することなく使えるバッグがあります。

例えば下のビジネスリュック


優れているのは耐水性のPUレザーだけではありません。
ファスナーも特別です。
登山用の止水ファスナーです。


クッション性のあるPCフォルダーを備えています。
モバイル機器を入れるを事を考え抜かれたバッグパックです。


雨を心配すると上の様なPUレザーのバッグの方が使い易い気がします。

PUレザーのビジネスリュックの詳細

 

しかし、本革のブリーフケースには革ならではの雰囲気がありますからね。
それはPUレザーでは叶う事が出来そうにありませんね。

それで、革のブリーフケースでありながら、耐水性のある特別な鞄を探してみました。

 

 

耐水性の上に安い! 2種類の革のブリーフケース

本革×牛床革ブリーフケースは持ちてや縁等には本革、他の外装には牛床革の2種類の革が使われています。

スーツ姿にマッチしたツートンカラーのデザインです。




この牛床革の表面は塗装されていて耐水性が備わっているとのことです。
通勤鞄として心強いと思います。

実用面でも私は魅かれる所があります。




自立したまま、コの字型に大きく開けられるというのは便利そうです。

鞄の中に整理して入れられそうなのも私は魅力を感じます。




クッション性のあるPCフォルダー、さらにB4サイズも入る書類入れのポケットで大きな物もスッキリとしそうです。

小物ポケットもあるので、ペンや手帖も取り出しやすい様に入れられると思います。

本革×牛床革ブリーフケース 詳細ページへ

カラーバリエーションは4つです。






さらに魅力的なのは ・・・

雨にも強く、機能的な革のブリーフケースなのに、値段が安いです。
価格は下記ページを参照下さい。

 

自立したまま開けられる水牛革のビジネスブリーフ

下の撥水アーバンレザーブリーフケースはシンプルなた四角いデザインです。


キャリーバッグのハンドルを通す事が出来るというのが特徴的です。

水牛革を特殊加工して撥水性があるというので、雨の日に頼もしいでしょう。


自立したままコの字型に大きく開けられる!
でも、中の物がこぼれ出ない様、サイドにギャザーがついていますね。


色は3色から選べます。





撥水アーバンレザーブリーフケース 詳細ページへ

この撥水アーバンレザーブリーフケースは値段も魅力的ですよ。

価格は下記ページを参照下さい。

 

全天候レザーのビジネスリュック

下のはっ水 シュリンクレザー リュックサックは外装は牛革です。
見た目はシンプルなビジネスリュックですね。

染色しながら撥水加工した特別なレザーが使われています。

雨を心配せずに持ち出せるというのは嬉しいです。


メインコンパートメントには、PCフォルダーがあります。
書類も縦に入れる事になるでしょう。




さらにもう一つ、書類を入れられるファスナーポケットがあります。

こちらは取り出し易そうなので、通勤に便利そうです。
読みかけの雑誌などを入れておくことになるでしょう。

はっ水 シュリンクレザー リュックサック 詳細ページへ

色は3色から選べます。